PG-E620とSTEM630iの違いを比較!カートリッジやアプリについても紹介 カドー加湿器

この記事にはプロモーションが含まれています。

カドー加湿器PG-E620とSTEM630iの違いを比較しました。

カドーの加湿器を購入しようと思っています。PG-E620とSTEM630iの違いを教えてください。

PG-E620とSTEM630iを比較したとき、こんなお悩みはありませんか。

  • PG-E620とSTEM630iの違いは何?
  • どっちが私におすすめ?

この記事ではこんなお悩みにお答えします。

PG-E620とSTEM630iの違い比較に関する簡単なまとめ
  • PG-E620には専用液剤が必要
  • STEM630iはカートリッジの交換が必要
  • STEM630iはスマホアプリで遠隔操作が可能
  • PG-E620のカラーバリエーションが1色に対して、STEM630iは3色
  • 定価はSTEM630iの方が安い

PG-E620とSTEM630iの違いを詳しく紹介しますので、この記事を読んであなたにぴったりのカドーの加湿器を選び、快適空間を作ってくださいね!

\アプリで遠隔操作ができるモデルはこちら/

cado STEM630i 加湿器 ステム630i カドー【2つ選べる特典付き】HM-C630i 加湿機 おしゃれ カドー加湿器 抗菌 除菌 WiFi対応 上から給水 フレグランス Wi-Fi 静か 静音 大容量 スリム オフィス リビング 寝室 かしつき 上部給水 カド加湿器 お手入れ簡単[ STEM 630i ]

\除菌・消臭力を求めるならこのモデル/

目次

PG-E620とSTEM630iの違い CADO加湿器

カドー加湿器PG-E620とSTEM630iは、デザイン性が高いことで人気の製品ですよね!

特に人気のデザインである、PG-E620とSTEM630iの違いは何なのか詳しく調べてみました。

両者の違いは次の5項目です。

項目PG-E620STEM630i
専用液剤ピーズガードピュリオ
カートリッジ交換不要交換必要(1回/6ヶ月)
スマホアプリ連携なしあり
カラーバリエーションホワイトクールグレーホワイトブラックプレミアム
価格60,500円(税込)49,800〜50,820円(税込)
2024年4月時点

それぞれの項目について詳しくみていきますね。

専用液剤

項目PG-E620STEM630i
専用液剤ピーズガードピュリオ
専用液剤価格2,200円(税込)1,980円(税込)
2024年4月時点

PG-E620を使用するにあたって、このモデルのために用意されている「ピーズガード」という高い除菌・消臭力のある、専用液剤を使用しながら加湿を行います。

ピーズガードとはウイルス、バクテリア、カビの胞子などの人体に有害なものの作用を抑制します。

またペット、汚物、靴、タバコなどニオイの原因物質にアプローチできるいわば空間の洗剤です。

この専用液剤を使用することで、衛生的な空間を作り出すことができます。

小さい子供がいるので除菌力のある加湿器はありがたいわ!

一方STEM630iには専用液剤は必要ありません。しかし、PG-E620と同様の効果が期待できるピュリオという液剤が別売で用意されているので、こちらを使用します。

ちなみにSTEM630iは「ピーズガード」に対応していないので注意してください。

\PG-E620用専用液剤はこちらから/

\STEM630i用の専用液剤はこちらから/

カートリッジ

項目PG-E620STEM630i
カートリッジ交換不要交換必要(1回/6ヶ月)
価格6,380円(税込)
2024年4月時点
カドー公式

カドーの加湿器は「超音波式」で加湿を行います。超音波式は水をミスト化する仕組みになっています。

この仕組みだと、加湿器から放出された水分に含まれるミネラル分が、後に白く析出する「ホワイトダスト」が発生します。

加湿器の周りにある家具にミネラル分が白い粉として付着してしまうのはデメリットですね。

しかしSTEM630iには、高性能イオン交換樹脂のカートリッジが使用されており、このミネラル分を除去することで、ホワイトダスト発生率を99%抑えることができます。

家具や壁が汚れないのはありがたいわね!

日本の水道水は軟水なのでほとんど問題ないとは思いますが、使用する水道水の成分や硬度によってはフィルターの寿命が変わりますので、注意が必要です。

スマホアプリ連携

項目PG-E620STEM630i
スマホアプリ連携なしあり

STEM630iはスマホアプリ「cado sync」をインストールすることで、スマホで操作することが可能です。

外出先から部屋の空気状態を確認、リモート操作を行うことができるので、家に到着した時からお部屋を快適空間にしておくことができます。

帰ってきた瞬間から部屋の空気がキレイなのは嬉しいわね!

スマホで操作できるのは次の6項目です。

  • 温度/湿度の確認
  • 空気の状態を確認
  • 電源のON/OFF
  • 加湿量の変更
  • 運転モードの変更
  • 24時間タイマーの設定、ON/OFF

外出先から電源のON/OFFだけでなく、湿度を確認しながら加湿量まで変更できるのね!便利!

カラーバリエーション/価格

項目PG-E620STEM630i
カラーバリエーションホワイトクールグレーホワイトブラックプレミアム
価格60,500円(税込)49,800〜50,820円(税込)
2024年4月時点

2024年4月時点でのカドー公式サイトでは、PG-E620のカラーバリエーションはホワイトのみで価格は税込60,500円でした。

PG-E620ホワイト
カドー公式

公式サイトではすでに販売終了となっているので、在庫のある家電量販店や通販で、手に入れる必要があります。価格は定価の60,500円より安い印象でした。

一方でSTEM630iは、クールグレー、ホワイト、ブラックプレミアムの3色あります。価格は、クールグレー、ホワイトで税込49,800円、ブラックプレミアムで税込50,820円です。

STEM630iクールグレー
STEM630iホワイト
カドー公式
STEM630iブラックプレミアム

STEM630iはインテリアの雰囲気に合わせて色を選べるのが嬉しいわ!

PG-E620とSTEM630iの共通点 CADO加湿器

PG-E620とSTEM630iの共通点は次の4項目と言えます!

  • 高いデザイン性
  • 重たいタンクを持たなくてもいい給水方法
  • 湿度を伝えるLEDライト
  • 香りも楽しめる

それぞれの項目を詳しくみていきますね。

高いデザイン性

カドーといえばデザイン性の高さは他のメーカーに比べて群を抜いていますよね。インテリアとして部屋に置いておきたいと思うほどです。

カドーの加湿器はカッコ良すぎます!

PG-E620とSTEM630i共にデザイン性が高いだけでなく、その中に計算された加湿力もあります。

実はPG-E620とSTEM630iは855mmの高さに吹出口が設置されています。

この高さに吹出口があることで天井付近からマイクロミストを降らせることが可能となり、部屋全体が加湿される設計になっています。

この加湿力もありながらPG-E620とSTEM630i共に適用床面積は洋室で17畳、和室で10畳と広めのお部屋でも対応できるというので脱帽ですね!

見た目がいいだけじゃないのね!

重たいタンクを持たなくてもいい給水方法

加湿器を使うときに嫌なのが満タンまでお水が入った重たいタンクを持ち運ぶことではないでしょうか。

PG-E620とSTEM630iは共にタンクを水道まで運んで給水する必要はありません。市販のやかんや水差しでタンクにお水を注ぎます。

カドー公式

タンクが透明で水の残量がわかりやすいので、加湿器を使用しながら様子を見て、少しずつ無理なく給水ができます。

重たいタンクを持ち運ばなくていいのは楽ちんね!

一度給水すれば、急速モードで連続運転した場合でPG-E620だと最短で約6時間に1回、STEM630iだと最短で4時間に1回の給水頻度です。

給水頻度もそこまで多くないので、せかせかしないで使えるのが嬉しいわね!

湿度を伝えるLEDライト

PG-E620とSTEM630iは共に湿度をLEDライトの色で教えてくれます。

部屋が快適な状態かどうかがすぐ見てわかるなんて便利ね!

部屋の湿度がリアルタイムに見てわかることで、加湿のし過ぎからくる結露を防いだり、電気代の節約につながります。

湿度を数字ではなくLEDライトの色で教える点にカドー加湿器のお洒落さを感じますね!

湿度とLEDライトの色の関係については次の表でまとめました。

LEDライトの色湿度
約50%以上
約30〜50%
約30%以下
湿度に関係なく給水のお知らせ
カドー公式

香りも楽しめる

加湿器を使用するときはアロマなどの香りも楽しみたいですよね。PG-E620とSTEM630i共に「フォレストウォーター」と呼ばれる専用液剤で香りを楽しむことができます。

香りは、「フレッシュブランチ」と「テンダーリーフ」の2種類です。どちらも森林を連想するような爽やかな香りです。飽きずに使える香りでいいですね!

容量は400mLでどちらも税込4,268円で購入できます。

フォレストウォーターは原液では使わず希釈して使用します。

10倍希釈で使用した場合、133回香りを楽しむことができます。注意したい点としては専用液剤以外の香料を使用することができません。

加湿器の構造上市販のアロマオイルが使用できないので、いろんな香りを楽しみたい場合は別途アロマポットを用意する必要がありますね。

フォレストウォーターの香りが気に入ればリラックスもできるわけね!

\詳しい口コミはこちらの記事へ♪/

\香り用の専用液剤フォレストウォーターはこちら/

【選べる特典付き】フォレストウォーター 400ml cado カドー 加湿器 アロマ アロマオイル ステム stem HM-C620 HM-C630i HM-C300 対応 オフィス【送料無料】[ cado オリジナル フォレストウォーター 400mlボトル 蒸留水タイプ ]

STEM630iはこんな人におすすめ

これまでPG-E620とSTEM630iの違いや共通点を紹介してきました。ここではSTEM630iがおすすめな人について紹介します。

  • ホワイト以外のカラーが欲しい人
  • スマホと連携して便利に使いたい人
  • カルキ汚れが気になる人
  • 安く手に入れたい人

それぞれの項目について詳しく紹介していきますね

ホワイト以外のカラーが欲しい人

STEM630iにはクールグレー、ホワイト、ブラックプレミアムの3色あります。お部屋のインテリアの雰囲気に合わせて加湿器を選びたいあなたにおすすめです。

スマホと連携して便利に使いたい人

STEM630iはスマホアプリ「cado sync」をインストールすることで、スマホで操作することが可能です。

  • 外出先から遠隔で操作して、家に到着する頃には快適な空間が出来上がっていて欲しい
  • 加湿器にリモコンが欲しい

そんなあなたにおすすめです

カルキ汚れが気になる人

STEM630iには、高性能イオン交換樹脂のカートリッジが使用されており、このミネラル分を除去することで、ホワイトダスト発生率を99%抑えることができます。

  • 加湿器や加湿器の周りにある壁や家電へカルキが析出して真っ白になることを防ぎたい
  • 余計な掃除を無くしたい

そんなあなたにおすすめです。

安く手に入れたい人

公式サイトの価格ではクールグレー、ホワイトで税込49,800円、ブラックプレミアムで税込50,820円となっています。

それぞれPG-E620よりクールグレー、ホワイトで10700円、ブラックプレミアムで9680円お得なので、1円でも安く手に入れたいあなたにおすすめです。

アプリで遠隔操作ができるモデルはこちら

cado STEM630i 加湿器 ステム630i カドー【2つ選べる特典付き】HM-C630i 加湿機 おしゃれ カドー加湿器 抗菌 除菌 WiFi対応 上から給水 フレグランス Wi-Fi 静か 静音 大容量 スリム オフィス リビング 寝室 かしつき 上部給水 カド加湿器 お手入れ簡単[ STEM 630i ]

\STEM630iの詳しい機能についてはこちら/

PG-E620はこんな人におすすめ

ここではPG-E620がおすすめな人について紹介します。

  • 除菌・消臭力のある加湿器が欲しい人
  • カートリッジの交換が面倒な人

それぞれの項目について詳しく紹介していきますね

除菌・消臭力のある加湿器が欲しい人

PG-E620はピーズガードと呼ばれる専用の液剤を使う必要があります。

このピーズガードはウイルス、バクテリア、カビの胞子などの人体に有害なものの作用を抑制します。

さらにペット、汚物、靴、タバコなどニオイの原因物質にアプローチできるものです。

  • 小さなお子さんをお持ちで空気中のウイルスや細菌が気になる
  • ペットを飼っていて部屋に入ったときの排泄物のニオイが気になる
  • 家族にタバコを吸っている人がいるのでニオイが気になる
  • 空気清浄機の機能も少し欲しい

そんなあなたにおすすめです。

カートリッジ交換が面倒な人

PG-E620はカートリッジ交換をする必要がありません

  • いつ交換したかいちいち覚えておかなきゃいけないのが面倒
  • 機械が苦手でカートリッジ交換とか分解とかよくわからない

そんなあなたにおすすめです。

またSTEM630iは6ヶ月に1回カートリッジを交換する必要があります。

カートリッジの価格は税込6,380円と結構高めです。

カートリッジ交換が必要ないPG-E620はこのカートリッジ代が浮くので、ランニングコストを抑えたいあなたにもおすすめですよ。

\除菌・消臭力を求めるならこのモデル/

PG-E620とSTEM630iの違いまとめ

カドー加湿器PG-E620とSTEM630iの違いを比較しました。

両者の違いは次の5つです。

PG-E620とSTEM630iの違い比較に関する簡単なまとめ
  • PG-E620には専用液剤が必要
  • STEM630iはカートリッジの交換が必要
  • STEM630iはスマホアプリで遠隔操作が可能
  • PG-E620のカラーバリエーションが1色に対して、STEM630iは3色
  • 定価はSTEM630iの方が安い

スマホアプリで便利に使いたい人、カラーバリエーションが欲しい人はSTEM630iがおすすめです。

加湿器でありながら空気清浄機並みの除菌・消臭力を求める人はPG-E620がおすすめです。

せっかくデザイン性の高い加湿器なのだから、私はカラーバリエーションが豊富なSTEM630iを購入したいと思いました。

スマホで遠隔操作できるのも座った場所から動かないズボラな私にぴったりです。

素敵なカドーの加湿器を手にしたいあなたも自分のスタイルにあったモデルで見た目からも快適な空間を作り上げましょうね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次