WRH134AS-HとCER11YS-Wの違いを比較!電気代や口コミ評判も♪ダイキン遠赤外線暖房機

WRH134AS-HとCER11YS-Wの違いを比較!

この記事にはプロモーションが含まれています。

ダイキンの遠赤外線暖房機WRH134AS-H(ハイブリット)とCER11YS-W(型落ち)の違いを比較してみました!

ダイキンのセラムヒートを買いたいと思っています。WRH134AS-HとCER11YS-Wの違いは何ですか?

WRH134AS-Hか、CER11YS-Wの購入を検討したとき、こんなこと気になりませんか?

  • 主な違いは?
  • WRH134AS-HとCER11YS-Wの共通点は?
  • 私にはどちらがおすすめ?

この記事でわかることは以下です。

ダイキン遠赤外線暖房機WRH134AS-HとCER11YS-Wの比較まとめ
  • WRH134AS-Hは遠赤外線+温風、CER11YS-Wは遠赤外線のみの自動運転
  • 共通点は、わかりやすい操作性と体を芯から暖める遠赤外線
  • WRH134AS-Hは節電と安全重視、CER11YS-Wは低価格で使いやすい製品が欲しいママにおすすめ

これを見れば、あなたがどちらの製品を選べばいいのかがハッキリします!この冬をスマートな暖房器具で快適に過ごしましょう♪

\ 安心安全のハイブリットセラムヒート/

created by Rinker
¥60,280 (2024/07/22 11:22:13時点 楽天市場調べ-詳細)

\ お手頃価格で手に入る型落ちセラムヒート /

目次

WRH134AS-HとCER11YS-Wの違いを比較表でチェック!

WRH134AS-HとCER11YS-Wの違いを比較表でチェック!

WRH134AS-Hは2024年モデルのハイブリットセラムヒートとして、CER11YS-Wは2022年モデルのセラムヒートとして発売されました。

ハイブリットセラムヒートって高機能そうな名前だけど、CER11YS-W型落ちと比較して具体的に何が違うのかしら?

一番大きな違いは、暖房方式です。WRH134AS-H(ハイブリット)は、ふく射(遠赤外線)+温風で、CER11YS-W(型落ち)は、ふく射(遠赤外線)のみです。

本体から発生した熱が、前面外側に到達する率である《透過率》では、ハイブリットセラムヒートが約50%なのに対し、セラムヒートは約77%と上回っています。

ハイブリットセラムヒートには高い安全性が備わり、セラムヒートは直接的に暖める力が強いということだとわかります。

この2つの暖房方式の違いは、この章の最後で詳しく解説していますよ♪

まずはWRH134AS-Hと、CER11YS-Wの違い6つをまとめて見ていきましょう!

  • 《暖房方式》WRH134AS-H:遠赤外線+温風/CER11YS-W:温風のみ
  • 《電気代》WRH134AS-HとCER11YS-Wとで約4円の差
  • 《価格》WRH134AS-HとCER11YS-Wで約2.5万円の差
  • 《運転音》WRH134AS-H:40dB/CER11YS-W:公表なし
  • 《機能》WRH134AS-H:ハイブリッド自動運転・温風運転・ひかえめモード/CER11YS-W:速暖運転
  • 《カラー/サイズ/重さ》それぞれに違いあり

WRH134AS-H(ハイブリットとCER11YS-W型落ちの違い6つを、一覧表で比較してみました!

ダイキンハイブリッドセラムヒート
WRH134AS-H
WRH134AS-HとCER11YS-Wの違いを比較表で詳しく!
CER11YS-W
価格49,425円24,250円
運転音40dB
1時間の
電気代
7.75〜38.8円
(最小〜最大)
7.75〜34.1円
(最小〜最大)
暖房方式ふく射(遠赤外線)
温風
ふく射(遠赤外線)
機能ハイブリッド自動運転
温風運転
ひかえめモード
速暖運転
カラーダークグレーマットホワイト
サイズ
高さ×幅×奥行
522×500×226mm663×342×342mm
重さ10kg8㎏
引用 ダイキン 2024年3月現在(価格は税込/楽天市場価格)

以上が大きな違いになります。

価格は楽天市場の価格ですが、セラムヒートCER11YS-WはハイブリットセラムヒートWRH134AS-Hの半分ほどの価格ですね!

これらの異なる機能の中で、より深く知ってほしいポイント2つ”電気代と運転音と最大の違いである”暖房方式について、以下で詳しく解説します!

1時間あたりの電気代

最小のパワーで運転した時の費用は7.75円で両製品とも同じですが、最大パワーではWRH134AS-Hが38.8円CER11YS-Wは34.1円と4円ほどの差がありますね。

CER11YS-Wの消費電力が250〜1100Wなのに比べ、WRH134AS-Hの消費電力は温風を使用する時のみ250〜1250Wなので、料金にも少し差が出てしまいます。

CER11YS-Wの電気代については、下記の記事で詳しくご紹介していますので参考にしてみてください。

\ 電気代についての詳しい情報はこちら♪ /

>>ダイキンセラムヒートの電気代や寿命は?メリットデメリットのレビューを知りたい!

上記のリンク記事では、CER11YSをERFT11YSとして紹介していますが、両製品は取扱販売店が違うだけで、機能やサイズなどは全く同じです

また、両製品とも、使用中の電力表示は100W単位なので、250Wの使用だと[300W]と表示されますので覚えておいてくださいね!

静かな運転音

セラムヒートCER11YS-Wは現時点では記載がないのですが、ハイブリットセラムヒートWRH134AS-Hは40dBとなっています。

40dBは一般的な指数として【昼間の静かな住宅街/図書館】程度と言われています。

これなら家庭で使用してもほとんど気にならない運転音と言えますね!

CER11YS-Wも十分静かな運転音で、お子さんがいても気にならないというレビューがありましたので、安心してくださいね♪

WRH134AS-Hのみに搭載された機能

セラムヒートでは遠赤外線ヒーターを縦に2本使用していました。一方、ハイブリットではヒーターが横に2本内蔵され、さらに温風が加わりました。

運転開始時は温風が吹き出し、パワフルに暖め、徐々に遠赤外線を中心にした暖房機能になっていきます。

温風の使用を最低限にすることで、空気も乾燥しにくくなります。

ハイブリッド自動運転

ダイキンWRH134AS-H
引用 ダイキン ラウンチX

一般に遠赤外線暖房機はしっかり暖まれるようになるまでに5分程かかると言われています。

しかし、ハイブリットセラムヒートはこの課題を温風機の搭載により解消できました。

運転開始すると10秒ほどで温風が出てきて、遠赤外線が出てくるまでの時間を暖かく過ごせます。

徐々に遠赤外線が出始め、出力が安定したら温風は弱まり、遠赤外線中心の暖房方式になります。

室温が22度に達すると、パワー調節の設定に応じて遠赤外線の出力調節も行い、消費電力を最大27%抑制してくれます。

温風運転

お好みに合わせて温風だけで運転することも可能です。

温風運転でしたら、足元からフワッと暖かさが広がります。

このモードのときにも、吹出温度が80度を超えると自動で温風の出力を抑えます

後ほど、共通の機能として紹介しますが、ふく射(遠赤外線)のみの運転もできますよ!

ひかえめモード

電気暖房器業界で初めて、前面パネルから空気を吸い込むことでパネル自体の温度が高くなることを防ぐ「パンチングパネル構造」を搭載しました。

「ひかえめモード」のときには、業界で最も低い表面温度(最大でも50度以下)を実現しています。

記事の初めに「《透過率》は下がったが、その分高い安全性が加わった」とお伝えしたのは、このモードのことです。

パネルを熱くしすぎないよう調節するため、吹き出し口の透過率が下がってしまうのは当然ですね。

吹き出し口付近の熱が抑えられただけで、使用感は満足できるものですので、安心してください!

前面から吸い込んだ空気で、効率よく内部にこもった熱を活用し、心地よい温風にしてくれますよ。

CER11YS-Wのみに搭載された機能

セラムヒートは最大1100Wの消費電力ですが、高い遠赤外線効果により、通常のカーボンヒーターの半分ほどの出力で、同様の暖かさを感じることができます。

低めの温度設定でも、快適に過ごせるということですね!

CER11YS-Wは【速暖モード】が搭載されており、運転の立ち上がりが通常運転の1.8倍早くなります。

最初は全力で運転し、暖かくなったら設定通りの暖房運転に切り替わります。

こちらの製品は遠赤外線のみでも早く、しっかり温められるところが評価されているポイントです。

\シンプルでどんな空間にも馴染む2024年モデル /

created by Rinker
¥60,280 (2024/07/22 11:22:13時点 楽天市場調べ-詳細)

\ヒーター部は縦横自由に動かせる2022年モデル /

WRH134AS-HとCER11YS-Wの共通点は?口コミ評判から調査

WRH134AS-HとCER11YS-Wの共通点は?口コミ評判から調査

次に、ハイブリットセラムヒートWRH134AS-Hと、セラムヒートCER11YS-Wに共通した機能の紹介です。

節電機能人感センサーモード
リズムモード
消し忘れ6時間タイマー
快適機能ふく射(遠赤外線)モード
温度モード
左右スイング
安全機能チャイルドロック
パネルロック
二重転倒OFF機能
二重加熱防止機能
コード長さ3m
WRH134AS-HとCER11YS-Wの共通機能

これらの多くの機能が従来のセラムヒートにも搭載されているとは驚きですよね!長く愛されている、人気の製品だというのも頷けますね!

コードの長さも3mと、どこで使うにも十分な長さがあります。

ここからは共通の機能と合わせて、使用者の口コミ評判もご紹介しますね。

節電機能

セラムヒートCER11YS-Wに搭載されていた節電機能は、ハイブリットセラムヒートWRH134AS-Hも搭載されています!

人の不在を検知した10分後にパワーを抑えたモードになり、さらにその5分後に自動で運転がOFFになる【人感センサー】。

節電を心がけているけど、ついつい消し忘れちゃう!自動で停止してくれれば節電だし、火災も防止できるわね♪

【リズムモード】では、暖かさはそのままに、遠赤外線の出力に強弱をつけることで消費電力を15%削減できます。

設定しておけば、運転時自動で機能が働く【消し忘れ6時間タイマー】も節電、安全に関わる嬉しいモードです。

節電機能と、快適機能の「温度モード」についても下記で紹介するリンクをご覧いただくと詳しくわかりますよ!

\ 温度モードについての詳しい情報もこちら♪ /

>>ダイキンセラムヒートの電気代や寿命は?メリットデメリットのレビューを知りたい!

快適機能

遠赤外線暖房機に1番求められるのが快適性ですよね。

いくら消費電力が抑えられても、安全機能が充実していても、暖かくなければ快適とは言えません!

実際、他社の製品では「安い価格に惹かれて買ったけど、あまり暖まらなかった」「安全機能が嬉しいけど、操作が難しい」と使用をやめてしまった人もいるようです。

ダイキンハイブリッドセラムヒート
引用 ダイキン

その点、セラムヒートやハイブリットセラムヒートはボタンの表示がわかりやすく、体を温める力も抜群です。

上の写真の通り、ボタン1つ1つにボタンの機能が書いてあるので、機械が苦手な人でも使えるという口コミ評判が多くみられました!

操作が簡単だし、想像以上に暖かかったから、父にも使いこなせると思って実家用にも買ったの♪

親族にも胸を張っておすすめできる商品は、なかなかありませんよね!それほど使いやすく快適なのでしょうね。

ふく射(遠赤外線)モード

遠赤外線は直進性が高く、人にあたると熱量の90〜95%が体内に吸収され、体の芯から暖まります。

さらに、体を構成している分子そのものを振るわせて発熱させる性質があります。

セラムヒートは、この性質を利用した輻射(ふくしゃ)式の遠赤外線暖房機。

足元を暖めていてもすぐに全身がぽかぽかになるわ。ずっとつけていると暑いくらいよ(笑)

特に体に取り込まれやすい波長域(3から20ミクロン)を使用しているため、パワー控えめでも十分な効果を発揮します!

左右スイング

WRH134AS-Hは左右に80度、CER11YS-Wは左右70度に自動で首振りするので、ワイドに遠赤外線を届けることが可能です。

また、どちらも手動にはなりますがWRH134AS-Hは上方向に10度、CER11YS-Wは30度の調整ができます。

1人のときは固定して、家族で使うときはスイングさせればまんべんなく暖められるから便利よ♪

可動域に違いはありますが、どちらも広範囲を暖かくすることができますね!

安全機能

この機能が魅力的で即決したの♪安全機能に関しての口コミ評判も良かったし、安心して使っているわ。

安全機能は、小さなお子さんがいるママが重視したい大事なポイントですよね!

ダイキンのセラムヒート・ハイブリットセラムヒートには共通して安心安全の機能が搭載されていますよ♪

小さなお子さんの火傷だけでなく、地震など思わぬ事故で起こる火災にも備えた機能は素晴らしいの一言です!

チャイルドロック機能

運転停止中にボタンを約2秒間長押しすることで【チャイルドロック機能】がかかります。

これにより、お子さんが触ってしまった際に起こる誤作動・起動を防ぎます。

大人の真似をしてなんでも触りたがる年頃だから、ロック機能は必須よね!

怪我や事故が起きてからでは遅いです。ぜひ製品特長や口コミ評判をよくみて、子どもの接触やいたずらを防止する機能を搭載したものを選びましょうね!

パネルロック機能

両製品とも、全面がパネルで覆われていて、その中に熱を出すヒーターが設置されています。

【パネルロック機能】では、ヒーターの温度が上がる運転開始時から、ヒーターが冷めてくる電源OFF後30分間は、前面パネルの開閉を自動ロック。

運転中だけじゃなくて、電源OFF後30分間っていうのがポイント高いわ!!

これにより、高音のヒーターに直接触れてしまう事故を防げますね。

二重転倒OFF機能

また、【二重転倒OFF機能】は本体が転倒してしまったときに自動で電源がOFFになる上に、水平に置き直さないと再度電源を入れることができない機能です。

小さい子どもがいるから、事故や火傷のリスクが減るのは嬉しいわね!

安全に配慮されてはいますが、ヒーター部が赤くならないので、運転中か停止かわからないことがあります。火傷防止のため本体には触れないでくださいね!

家族がぶつかったり、地震で倒れた時に、電源が入ったままだと火災に繋がりかねません。

人やペット・天災など、様々な角度から安全を考えた製品です。

\セラムヒートのみの詳しい口コミはコチラから♪/

WRH134AS-Hは電気代を節約したいママにおすすめ

WRH134AS-Hは電気代を節約したいママにおすすめ

ここまでダイキンセラムヒート(ハイブリッド・型落ち)についてた紹介してきました。どちらを購入するか決まってきましたでしょうか?

WRH134AS-HとCER11YS-Wどちらも気になって、逆に選べなくなってしまったわ(笑)

では、製品がどんな人におすすめなのか、もう少し具体的にまとめてみましょう!

ハイブリットセラムヒートWRH134AS-Hがおすすめなのはこんな人です↓

  • 電気代を抑えたい
  • 小さなお子さんやペットがいる

ハイブリッドセラムヒートはぜひ多くのママに体験してほしい製品ではありますが、特に上記のような方にはぴったりです!

どういうことなのか、口コミと共に説明していきますね。

電気代を抑えたい

第1章でお伝えしたとおり、ハイブリッド運転により、室温が約22℃に到達すると、パワー設定に応じて遠赤外線の出力を抑えます。

これにより、消費電力を通常の27%ほど節約できるため、省エネ・節約につながります!

長時間のエアコンや、お風呂の追い焚きで、ただでさえ電気代が上がる冬。節電機能は必須よ♪

WRH134AS-Hなら、小さい出力でも体を芯から暖めてくれる遠赤外線で、快適さを保ちつつ、電気代をしっかり抑えられます♪

小さなお子さんやペットがいる

ひかえめモードやパネルロック機能が搭載され、安全機能が特に評価されているWRH134AS-H。

子どもはもちろん、ペットを部屋で飼っているから、安全性の高さはうちにぴったりだわ♪

もちろん触らないように注意は必要ですが、パネル自体が熱くなりすぎないように配慮されているのは嬉しいですよね!

また、本体の重さが10kgあるのはデメリットと思われがちですが、ほぼ正四角形のフォルムと重さは抜群の安定感があります。

1日の中で、暖房機の場所を頻繁に動かすことがない限り、この重さは「倒れにくい」というメリットになります。

CER11YS-Wは縦長なデザインなので、製品のバランスという点ではハイブリッドセラムヒートWRH134AS-Hが優れていると感じました!

\ 暖かいのに省エネ /

created by Rinker
¥60,280 (2024/07/23 02:33:27時点 楽天市場調べ-詳細)

CER11YS-Wは人気製品を低価格で買いたいママにおすすめ

CER11YS-Wは人気製品を低価格で買いたいママにおすすめ

次にダイキンのセラムヒートCER11YS-Wがおすすめなのはこんな人↓

  • 価格を抑えたい
  • 暖房機での乾燥が気になる
  • 立ち仕事のときや、座っている時のテーブル下など様々な場面で使いたい

ハイブリッドセラムヒートには色々な機能が搭載されていますが、従来のダイキンセラムヒートも暖房機能や快適性は十分な製品です。

さらに、ハイブリッドセラムヒートの登場により、価格も安くなっています!

長く高評価を維持してきたセラムヒートCER11YS-W、実は今が狙い目ですよ♪

価格を抑えたい

最初にお伝えした通り、楽天での価格はハイブリットセラムヒートWRH134AS-Hが49,425円、セラムヒートがCER11YS-W24,250円となっています。(2024年2月現在)

約2倍の価格差がありますが、従来のダイキンセラムヒートも機能は十分であることが、これまでの紹介でわかっていただけたと思います。

この高機能なセラムヒートが25,000円以下で購入できるなんて!

縦長のデザインの好みと、火傷など安全面の心配がないようであれば、セラムヒートはこれ以上ないおすすめ製品です♪

暖房機での乾燥が気になる

ダイキンのセラムヒートは温風を使用しないので、暖房機による空気の乾燥はほとんどありません!

ただでさえ乾燥が気になる季節だから、暖房機での乾燥が抑えられるのは助かるわね♪

また、温風が当たることに不快感がある場合も、セラムヒートがおすすめです!

風ではないため、換気中でも体に吸収しやすい波長の遠赤外線が体全体をしっかり温めてくれますよ♪

立ち仕事や座っているときの足元で使える

CER11YS-Wはヒーターの部分を回転させると、縦型でも横型でも使用できますし、実は斜めにもなるんですよ!

縦型なら全身を、横型なら足元をピンポイントで暖められるのよ♪

在宅ワークや、お子さんの勉強のとき、エアコンをつけているのになんとなく寒くて集中できないことありませんか?

セラムヒートなら、縦横の調節をしたりスイングさせたりして、生活や場面に合わせた使い方ができますよ。

ここまでたっぷりお話ししてきたいいことづくめのセラムヒート。

少しでも購入を検討されているママのお役に立てていれば嬉しいです♪

\ 価格を抑えたいママ要チェック/

WRH134AS-HとCER11YS-Wの違い比較まとめ

WRH134AS-HとCER11YS-Wの違い比較まとめ

WRH134AS-HとCER11YS-Wの違いを比較しました。

6つの違いはこちらです。

  • WRH134AS-Hが遠赤外線+温風のハイブリット運転、CER11YS-Wは遠赤外線のみの運転
  • 電気代は最大出力時、約4円の差
  • 価格は楽天市場価格で約2.5万円の差(2024年3月現在)
  • 運転音はWRH134AS-Hが40dB、CER11YS-Wは公表されていない。
  • 機能はWRH134AS-Hがハイブリッド自動運転/温風運転/ひかえめモード、CER11YS-Wは速暖運転を搭載
  • カラー・サイズ・重さにも違いあり

節約と安全性のWRH134AS-Hと、低価格で使い勝手がいいCER11YS-Wの違いを比較ご紹介しました。

電気代や安全性を求めるあなたにおすすめなのは、WRH134AS-Hで、人気製品をより安く手に入れたいあなたには、CER11YS-Wがおすすめですよ。

どちらもすぐに暖かくなる機動力は抜群ですので、うまく活用して寒い冬を乗り切りましょう♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次